2019年入社 先輩社員の声 新卒採用

この人から買いたいと思ってもらえる、カッコイイ人でありたい

入社のきっかけ

最初はファッションに関わる仕事がしたいと思い志望していました。就職活動中に見ていたのは、主にアパレルと出版系です。

アパレルのアルバイトをしていてファッションが好きだったこと、本が好きだったので自分の興味のある分野を見ていました。
スタイルは Paul SmithやVivienne Westwoodといったブランドに関われること、新入社員でも商品企画に関わるチャンスがあるところに興味がわきました。

また、選考が進むにつれて、会社の雰囲気が自分に合うように感じここで働きたいと思いました。

現在の所属と業務

東京第3営業部という、Paul Smithのバッグ・革小物の直営店舗を運営する部署で働いています。

日々の業務としては主に、各店舗の売上・在庫の確認、それに伴って店頭で不足している商品の手配を行います。

ショップで行うイベントがある場合や、クリスマス前などの繁忙期には店頭に立ち、接客・販売も行います。

入社前は営業の役割は商品を売る(商品を納品する)ことだけだと思っていましたが、働き始めると他にもやることがたくさんあるとわかりました。 所属している3部が直営店担当で、通常の百貨店担当とは違うということもあると思いますが…。

中でも驚いたのが、モノグラミングといって、お客様の名前を商品に刻印すること。配属されてから練習しましたが、最近ではイベントでモノグラミングサービスを行い、自分で刻印ができるようになりました。

職人になった気分になります!

モノグラミング機材。これを使って刻印します!

仕事のやりがい、魅力、やっていてよかった!と思うこと

1つはPaul Smithというブランドに関われていること。

そして、自分がショップへ手配した Paul Smith の商品が実際売れているのがわかると嬉しくなります。

売上を作るため、ショップスタッフと直接話し、情報を収集するのも大切な仕事です。

最近売れている商品は何か・どんな人がどんな目的で買っていくのか。購入されなくても手に取って見ていく人が多い商品など、接客していてわかったことを教えてもらいます。

人気の商品を把握したり傾向をみることで、売れそうだと予測もつきやすくなります。またA店で売れていているがB店では売れていない商品があると、Bでも目立つ位置に置いて様子をみてみようか、それともBへ追加で納品するのはやめてAへ多く送ろうかなど担当しているショップ全体をみて考えることにも役立てます。

百貨店で物産展をやっているから入店客数が多かった、この期間は売上が悪かったけど、近隣のショップも同じような状態だったなど、周りの状況を教えてもらうこともあります。
硬い雰囲気ではなく、普通の会話の中で話しています。学生さんに想像してもらうなら、バイトの先輩や仲のいい社員さんと話しているときに近いと思います。お昼何食べたか、最近見たテレビの話とかもしながらといった感じです。

私からみるとみなさん年上で先輩ですが、対等に接していただけるのが嬉しいですし、その分やりがいや責任も感じます。

これからの目標

直近の目標は、全体を理解して仕事をすることです。
配属されてから、今まで業務を一つ一つ教えてもらいながら、それを覚えてできるようになることに必死でした。(先がわからないまま、目の前のことをこなしているイメージ)

約半年経ち、一つの業務を行うにあたり前後に何が必要かがわかるようになったので、自分から進んで動いたり、スムーズに進めるために改善をしたりして、少しずつ独り立ちしていきたいです。

まじめな目標ではないけれど、Paul Smithの服を自分らしく着こなすことも目標です。特に販売に立つときに、かっこよくありたいと思っています。このお店でとか、この人から買いたいと思ってもらえるように!

今後の生活全体でいうと、仕事と自由な時間のバランスをうまくとって軽やかに旅行に行ける人でいたいです。
社会人になったら、時間がないという人にはなりたくないので。

現在でも、仕事の後や休日は友人とご飯へ行ったり、お笑いライブを見に行ったりしてリフレッシュしています。
長期休暇には一人で海外旅行をするのが楽しみです。

これからもメリハリをつけてこの楽しみをキープしたいですね。

就職活動のアドバイス

先輩・友達・企業etc…就活に関する情報がたくさん入ってくると思います。そこから自分に必要なもの、合うものを選んでください。

先輩や友達からの意見が「正しいこと、自分に合うもの」とは限りません。私は私の経験からの意見やアドバイスしか出せないし、それが全員に当てはまるものではないと思います。

情報に振り回されず 自分らしい就活をして欲しいです。